省エネの取組み

地球環境正常化に伴い、より一層エネルギーの合理化を行わなくてはならない現在、さらに厳しい条件の省エネ法改正が行われる方向にあり、中小工場・病院・銀行・一般事務所・スーパーマーケット・及び一般家庭に至るまで全てが、省エネ法の対称になると思われます。

これからの省エネに取り組む第一歩として、現状どのようにエネルギーが使用されているかを把握することから始まり、また実践した結果の記録が出来るシステムの導入が必要となります。

弊社では各施設の状況を調査し、安価で施設に合ったシステムの提案が出来るよう、色々なメーカーの端末、ならびにデータ収集サーバを取り扱っており、提案・調査・システム構築・各種設定・及び設置工事までを行える体制を整えております。

気軽にお問合せ下さいますようお願い致します。

また、新規に建屋建築のお客様におきましては、受変電設備に本システムを組み込んだ製品も準備しておりますので、設計に盛り込んでいただけますようお願い致します。

<参考>システムの概要

ファイル保存
1時間単位の各データをCSV形式ファイルで保存
(CFカード1GB)に、1日単位CSVデータで60日分格納、1ヶ月単位CSVデータで5年分格納
メール送信
作成した日報CSVデータを添付して、指定アドレスへメール送信出来ます。
保存データの設定・モニタ
構内RUN環境接続を行うと、パソコンとのアクセスが可能となり、設定・モニタは特殊なソフトは必要とせず、Internet Explorerにて行えます。
仕様
端末接続台数・・・最大99台
水道・ガスなどのパルス入力・・・4点
アナログ入力「0-20mA又は0-10V」・・・24点 「※漏電・温度計測など」
※合計管理点数 最大250点以内となります。

<参考>システムの仕様

参考図面の管理点内容
受電「電圧」「電流」「電力」「電力量」「力率」・・・5点
各変圧器バンク共通・・・4バンク合計16点
(「電力量」「電圧」「電流」「漏電電流」・・・4点)
システムの仕様